AI(人工知能)にまつわる4つの神話とは!?

AI 神話

はじめに

政府は以前から私達を見守ってきましたが、近頃は更に効率的で徹底的です。

つまり彼等はオンラインで、私達のEメール、銀行明細、電話やソーシャルメディアの投稿にアクセスできるのです。

そして、彼等は特定の個人情報を容易に構造化でき、この傾向は強くなる一方です。

また、近年では工場の組立ライン等も、感情のないロボットによって構築されています。

仕事をキープできる人に関しても、カメラ、音声、位置情報等から、私達の行動と生産性を監視されます。

自宅でも安心できません。

スマートホームになるにつれ、監視は寝室やバスルームにまで広がります。

壁に埋め込まれたセンサーは私達の動作全てを追いかけます。

将来的には、例えば私達の咳が感知され即座に健康保険会社に報告され、私が病院に行く前に薬剤師が適切な薬を用意してくれるでしょう。

神話1:私達はAIに絶えず監視される

これは確かに真実です。

ビッグデータが整備され、私達はどんなトピックにも即座にアクセスできるようになりました。

企業に関しては、迅速な情報はを他より早く見つけられる組織だけがマーケットで生き残れます。

職場に関しては、近い将来IBMのWatson等が全てのオフィスに導入され、どんな質問にも答えてくれる事が現実になるかもしれません。

これは個人情報保護法の改正を意味しますか?

匿名性を保てる状況が少なくなるでしょうか?

ソーシャルメディアの使用を要求され、スマホの電源を切ることを阻止される事でしょうか?

電子装置で家を装備する事を強制されるでしょうか?

これらのどれも予測可能ではありません。

そして、テクノロジーは社会のコンテキストを自動化し、私達の決定を影響するようになります。

デジタル文化が進歩するにつれ、私達の暮らしをデジタル化する特定のメカニズムに影響されることは明白です。

ひとつ言えることは、与えられた情報を活用し、私達の意思決定、行動を選択するべきです。

神話2:人間の仕事がAI・ロボットに取られる

既にいくつかの仕事はロボット化されています。

例えば、配送会社の倉庫の中にある何十万個もの荷物をロボットが整理、仕訳したりといったことがあげられます。

しかし、ロボットは人脈を築いたり、従業員にモチベーション、インセンティブを与えたり、クリエイティブなコンセプトを思いついたり、といったことはまだほんの一部しか出来ません。

数ある業界の中で、ロボット化により利益を得ることができる事は、当面は多くはないでしょう。

神話3:アルゴリズムのエラーは混沌をもたらす

確かに、コンピュータが特定の情報等を間違った人々に割り当てた例はありました。

人種的なバイアスにより起こったエラーもありました。

事故の原因を誤ってとららされ、運転免許を取り上げられた人もいました。

また、意図的な情報操作は政治的な選択にさえ重大な影響を持つと言えるでしょう。

しかし情報の送信、構造、使用は完璧でなければならないでしょうか?

デジタルの世界ではエラーや危険が全くあるべきではないという考え方がなぜあるのでしょうか?

私はアルゴリズムは時には間違うと既に書きました。

エラーは出るかもしれないので、それを考慮しなければなりません。

そのため私達は、分析と常識に基づいた自分自身の感覚を信じる事が必要です。

もしくは私達は人間として、機械に考えたり何かを私達のためにさせたりする事を許可しないべきでしょうか?

人間として私達は自立し続ける義務があります。

神話4:私達は半ロボット、半人間となる

私達の生物としての特徴の一つに悲観主義があります。

悲観主義は役立つし、おそらく必要でさえあります。

それ無しには多くの素晴らしい本や映画は生まれなかったでしょう。

機械や、コンピュータを人の脳に組み込んだ生命体の手中で、避けがたい文化の後退を描いた興味深いストーリーは生まれなかったでしょう。 

しかし肌の下に埋め込み私達の心が新たな特質を得るような全ての理論は、理論にすぎません。

血流の中のナノロボットは永久に私達をデジタル化し、脳は永続的にインターネットに繋がるでしょうか?

問題は、秀悦な映画のトランセンデンスが描くほど単純でも写実的でもありません。

この映画の主人公は死後、デジタルの形で生まれ変わります。

おそらく、これは理論的領域に留まるでしょう。

なぜならこの未来のテクノロジーのパズルの幾つかのピースは、残りの絵にはめ込むことができないからです。

優れた未来学者のレイ・カーツワイル氏は、彼自身の事を楽観主義者だと言っています。

そして、彼はポストヒューマニズムの時代に入っていると言います。

一言で言うとこれは存在論的状況と私達が何になるのかの大きな暗示で、人工知能が地球上の生命の多くの形態になる一方、生物としての私達は人間として終焉を迎えていきます。

このような考え方とシナリオをリスペクトする一方で、私は認知の件については疑いをもっています。

数年のうちに、コンピュータが人間より早く考える事ができるという事の特定の結果を予測するのは不可能だと信じています 

その上で心配なときはイーロン・マスクの様な人の事を思い出します。

彼は文明の進歩に影響を及ぼした中心人物の一人で冷静な頭脳の持ち主です。

彼が実行したクレイジーなアイデアにかかわらず、彼はそこに至るまでに私達が抱くような恐怖を見失いませんでした。

彼は自分の仕事をする一方で、私達にそれを警告し人類がより良くなるために機会を提供しています。

ロボット、ドローン、自動運転、宇宙旅行等にです。

原文

https://chatbotslife.com/4-common-myth-about-artificial-intelligernce-c267c4513f4a

チャットボットライフとの提携により、翻訳し掲載しています。
チャットボットライフとは、最新のボット、AI、NLP、ツール等を扱うメディアです。