AIで人材採用を自動化する3つの方法

組織の管理職や責任者にとって最も重要な事は、仕事に適任な人を雇用することです。

現在の人材募集のプロセスはとてもダイナミックに常に変化しています。

候補者を見つけ能力の査定をするだけでなく、企業はそのブランド、候補者の経験、候補者とのリレーション管理のプロセス等を差別化する必要があります。

有能な人材の管理と同様に仕事の適任者を見つけることは、リクルーターが知的にワークフローを自動化する能力にかかっています。

人材採用のプロセスでモニターすべきKPIとは?

LinkedInのデータによると人材募集に最重要なKPIとは:

・人材募集の責任者の60%がリクルートメントの質が最重要と答えました。

・人材募集の責任者の28%がリクルートメントの時間が最重要と答えました。

業界の専門家は、採用プロセスを自動化する事によって選抜の時間が減少され候補者のセレクション・ベースが最適化されるので、人のリクルーターのスキルを向上させられると期待しています。

人工知能と採用プロセスの自動化

採用プロセスに人工知能とマシンラーニングのコンポーネントを導入することにより主に3つの効果が期待できます。

1. 人工知能とマシンラーニングによる履歴書の自動分析

リクルーターの手作業の過程を省略し人材採用にかかる時間を低減させます。

現在、手作業の履歴書選抜は最も時間のかかる作業であり、1ポジションの採用のために担当者は平均23時間も使っています。

さらに88%の応募者はその仕事のための資格を持っていません。

人工知能導入の目的はそれぞれのポジションの業務内容に適する候補者を見つけることであり、リクルーターが大きな決定をするためのサポートをします。

また、リクルーターの決定からシステムが学ぶので、推薦候補者をリファインできるようになります。

2. 候補者の一次選考にチャットボットを活用

一次選考にチャットボットを利用すれば、候補者のエクスペリエンスを強化しリアルタイムで持続的なフィードバックを提供する事ができます。

A Career Builderのリサーチによると、採用過程においてコンスタントに状況を知らせてもらった候補者の67%が企業に良い印象を持ちました。

チャットボットによる人材募集の自動化は、業務内容に関連した一次選考の質問を通じて次段階に移るためのフィードバックと提案をするので、リクルーターがリアルタイムのアップデートをする手助けをします。

3. 自動面接

候補者の使う単語、話し方のパターン、顔の表情の分析をしてフィードバックとサポートを提供します。

まとめ

現在のデジタル化の中、候補者募集と選考過程のための広範囲の自動ソリューションの導入によってリクルーターの役割は変化しています。

Valoria が2016年に行なった調査:Trends and Challenges in HRによれば、人事の最も重要な戦略的課題は従業員の高いモチベーションの持続ですが、企業研修では3番目にランクされているだけです。

2番目に高い課題は、高いポテンシャルを持つ従業員の定着ですが、トレーニングの段階では6番目にランクされています。

しかし業界の専門家は人事プロセスの自動化により、リクルーターとHR担当者が人材募集戦略、このアプローチに関するプロセスの計画、そして従業員の高い関与の維持にもっと集中できるようになると考えています。

原文

https://chatbotslife.com/3-ways-in-which-artificial-intelligence-will-automate-recruitment-d34c95cf97dc

チャットボットライフとの提携により、翻訳し掲載しています。
チャットボットライフとは、最新のボット、AI、NLP、ツール等を扱うメディアです。