チャットボットがコンテンツマーケティングの未来に与える影響

1.チャットボットって何?

チャットボットとはメッセンジャーの中で人とのコミュニケーションをシミュレーションするプログラムです。

人が何を言いたいか、そして必要とされる答えは何かをチャットボットは人工知能を用いて理解することができます。

人工知能の発展やモバイルコミュニケーションは、24時間毎日ユーザへ自動返答を行う効果的なツールとしてチャットボットを使う優れた機会をマーケターに生み出しました。

例えば、2016年にインパーバ・インカプスラによって行われた最新の調査によると、ボットはインターネットトラフィックの50%以上の割合をしめました。

2.チャットボットを学ぶ上で人気の記事

1. Dialogflowで初めてのボットを作ろう

2. 数分でムービーチャットを作ろう!

3. ディスコードボットメーカー

魅力的ではないでしょうか。

マーケティングチームに携わる方々は心を奪われることでしょう。

Facebookの解析によると、Facebook Messenger の開発者は33000もの使用可能なボットを作成しました。

Telegram(チャットアプリのひとつ)では約15000です。

3.なぜチャットボットが必要なのか?

チャットボットはビジネス上の沢山の問題を解決することができます。

チャットボットはマネージャーや、人事、管理者、サポートスタッフに置き換えが可能です。

もっとも大きな利点は、チャットボットは追加コストや生身の労働者への転換などを必要としません。

つまりそれに費やしていた会社の予算や時間を節約できるということです。

4.チャットボットのタイプ

1つ目のタイプは簡単なツリー構造のチャットボットで、ある一定のコマンドだけ実行でき、オプションの選択と製品表示の一覧を提供します。

2つ目のタイプは次世代のチャットボットで、対話の相手を認識し、継続してトレーニングすることが可能で、テンプレートに沿って返答するようなことはありません。

このようなチャットルームの開発の中では、ボットはテキストと音声を認識する特別なプロトコルを使います。

5.e-mail VS チャットボット

これまででお分かりいただけたように、チャットボットはユーザーを魅了する最適な手段であり、顧客一人一人に対応します。

またその対応の素晴らしさを知ると、ユーザはチャットボットを好むようになります。

最近の調査では、2000人のイギリス人の消費者の内、35%が「もっと沢山の会社がチャットボットを使うようになってほしい」と回答しています。

チャットボットはよくe-mailと比較されますが、おそらくそれはひとりひとりの顧客とやり取りを行うビジネスにおいて、e-mailが最も最適なツールであったことが影響しています。

e-mailの自動化やパーソナライズ化は、加入者数や、見込み、また既存顧客の把握を誰でも簡単に行えるようにしました。

これらのメカニズムのおかげで、e-mail市場は加入者へのメッセージの煩雑な流通という状況から、顧客個人のニーズに応えたオファーを提供できるという状況へと変貌を遂げました。

チャットボットはemailと比較されるべきでしょうか。

ソーシャルネットワークとe-mail、コンテンツマーケティングとe-mailのように、チャットボットとemailを同時に使うのはどうでしょう。

6.emailとチャットボットマーケティングのダブルの強み

私がお勧めするのは、ツールを統合し、顧客自身で選択をしてもらうことです。

なぜチャットボットとe-mailのマーケティングを一緒に利用できるのでしょうか?

それはチャットボットも e-mail も、どちらも顧客に「最善」を提供するという共通の目的があるからです。

時々、あなた方が行っていることをユーザにより理解してもらうために、体裁の整った手紙を長期に渡って送るなどの目立ったキャンペーンが必要です。

また、他のケースでは、消費者はすぐさま質問に回答してくれる自動化されたスマートなチャットを必要としています。

これはユーザに対して即座に回答ができるだけではなく、あなたの会社の従業員を複雑な質問から解放します。

いずれの場合も、ユーザは満足し、問題は解決します。

7.チャットボットとe-mailのマーケティングによる様々なタイプのコンテンツ提供

顧客が様々な手段を利用することで得られる利点は、チャットボットやe-mailのマーケティングが様々なタイプのコンテンツ提供を手助けしてくれることにあります。

分かりやすい例でいうと、ソーシャルメディアはショートメッセージをより多くの人々へ広めるのに一役買っていますよね。

e-mailはより深い知識、例えば製品の使い方などを顧客に伝える場合に適しているでしょう。

チャットボットは、人工知能や自動応対によって24時間毎日ユーザの要求に応えることを可能にし、また、そのユーザを外部のリソースやサポートにも誘導します。

チャットボットはビジネスにおいての1つのツールになるでしょう。

結論はシンプルです。

事業主やマーケターはすぐにでもこの新しいトレンドを利用するべきです。

それはつまりマーケティングミックス(*2)の中で、あなたがどのようにチャットボットを応用できるか、学び、理解することです。

(*2)マーケティング要素(Produc/Price/Place/Promotion)である4つのPの組み合わせ。

チャットボットとインスタントメッセンジャーの組み合わせの実績は、一点の疑いもなく成功しているといえます。

私達は、ディスカバリーズの84%、クリックの53%のような、これまでのどのデジタルマーケティングチャンネルでも聞いたことがないような素晴らしい結果を目にしています。

8.インスタントメッセンジャーボットの分析方法

メッセンジャーは利用するに十分値するソーシャルネットワークになりえます。

メッセージの記録は取り出し可能で再投稿することができ、ボットはまるでコミュニティーの管理者のように振舞います。

ボット解析を離脱する為のプログラムが現れ始めています。

例えば、Yandexは、運用されているボットと同じように、チャットルームとチャンネルのユーザーの行動解析を行うBotanプログラムを作成しました。

また、Facebookメッセンジャーの為の分析アプリがあります。

このアプリは、リンク上でユーザーリンクをモニターし、ユーザーの位置を特定し、最適な広告に変換します。

Telegram アプリやViber (*3)アプリは、設定メニュー内でボット解析を表示しています。

これに対する追加のアプリケーションやプログラムは特に必要ありません。

(*3)無料電話、メッセージアプリ

9.ボットとeCRMシステム

ボットは eCRMルールをベースとしたプログラムです。
(IT技術を駆使した情報収集、その解析や分類、ユーザのフィードバック)

チャットボットはユーザーと相互に作用し、ユーザーに関する情報を集めます。

例えば、位置情報、年齢、名前などです。

またチャットボットはユーザーの行動を解析します。
(どのくらいの時間チャットを使用しているのか、何の問い合わせを書いたかなど)

このようなデータを元に、チャットボットは個人に特化したメールを送ります。

10.まとめ

マーケターのような役職の人は、チャットボットを取り入れ、ツールの一部として使うべきでしょう。

同時に、e-mailマーケティングをやめてしまうようなことはすべきではありません。

チャットボットが秘めている力を学んで理解してください。

チャットボットがどのようにあなたのビジネスを助けるか、または問題解決できるか、あなた自身で判断してください。

そうすることで、チャットボットはあなたにとって最善のビジネスツールになることでしょう。

著者

Ashish Sharma
Mobile App Developers in India.の中枢であるWeDigTechのチーフマーケティングオフィサー。
Sharma氏は、マーケティング活動、コミュニケーション、また顧客やビジネスパートナーにとって価値となるdelivering offeringsの責任者である。

原文

https://chatbotslife.com/a-beginner-guide-how-chatbots-affect-the-future-of-content-marketing-59a8ec055698

チャットボットライフとの提携により、翻訳し掲載しています。
チャットボットライフとは、最新のボット、AI、NLP、ツール等を扱うメディアです。