保険業界でのチャットボットの賢い使い方

あらすじ

FBがメッセンジャー上のチャットボット機能を解放してから、企業は顧客の囲い込みに夢中になっています。

何と言っても20.7億ユーザーは大変な数です。

世界中の企業の80%が2020年までにチャットボット導入を計画しています。

さもなければ主要な多数の顧客を失うことになるでしょう。

全面的に疑う余地がありません。

数種の業界は既に、導入できるAIの能力と知覚を積極的に検討しています。

その一つが保険業界です。控えめに言っても巨大な業界です。

保険チャットボットは過去2年間、その莫大な可能性のためにニュースの見出しを飾ってきました。

しかし成長と導入の速度は他業界よりも遅く、チャットボットの専門家は未だに何処でどの様にいつ対応するかを模索しています。

しかしそれは結果が出ていないという意味ではありません。

現在、保険業界におけるチャットボットは二つの役割を担っています。

第一にカスタマーサービスの危機管理の延長です。

一般的な問合せや単調なタスクにおいては最大限の精度と明晰さで顧客の手助けをします。

第二に、現実のエージェントの有能なアシスタントとして働き、彼らの仕事を楽にします。

詳細をみていきましょう。

パーソナライゼーション

これは将来の売上を後押ししビジネスに大きな変化をもたらします。

顧客と交流するたびに保険チャットボットは顧客に関する情報を収集し続けます。

そのためやり取りが少しずつパーソナルなものになります。

会話が早いほど成功率は高くなります。

理論的にはこれは保険チャットボットが会話について学び、顧客の問題解決をすることを助けます。

現実的にチャットボットが一人前になるのも遠い事でありません。

機能性

世界中の保険会社は様々なレベルの組織構造の中でチャットボットを使用しています。

本質的に保険チャットボットは顧客と従業員、双方のデータの海の舵取りを手助けすることができます。

チャットボットは複雑な製品・サービスをブレイクダウンして販売する能力があり十分なエンゲージメントを実現し、手作業を介さないで顧客の問題をある程度まで解決する能力があります。

インドではチャットボットはクレームを登録しその状況や契約内容のチェックをしたり、最寄りの支店等を探すために効率的に利用されています。

収益性

これが最も重要な部分です。

チャットボットが素晴らしい投資である理由が3つあります。

第一にメッセージング文化によって使用可能になりました。

全てのメッセージング・プラットフォームに瞬時に配置することができ、WhatsApp、Hike、FBメッセンジャーやその他の数十億のユーザーに到達することができます。

次にチャットボットはコストを削減します。

カスタマーサービスをコールセンターに外注しなければならなかったのは過去の話です。

今は保険チャットボットがそれを引き受けます。

最後ですが重要な事は時間を気にせず顧客がアクセスできる事です。

いつでもどこにいても、顧客の都合の良い時にチャットボットを使用できます。

自然言語処理とマシンラーニングの発達によって、保険会社のチャットボットはいつか人間の思考を完璧に模倣するようになるかもしれません。

しかし今のところは生産性を高めパフォーマンスを向上させることが彼らにできることです。

原文

https://chatbotslife.com/chatbots-in-insurance-a-smart-way-to-save-costs-enhance-customer-service-increase-roi-f03c1b788138

チャットボットライフとの提携により、翻訳し掲載しています。
チャットボットライフとは、最新のボット、AI、NLP、ツール等を扱うメディアです。