未経験からの人工知能 概要

シンギュラリティ(=技術的特異点)とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

シンギュラリティ(=技術的特異点)とは、人工知能が暴走的に成長し始めるタイミングの事を指します。

このタイミングが訪れると、その人工知能は自分自身をアップデート(暴走反応)して更に賢くなるということが繰り返され、人間を遥かに圧倒する知性を手にします。

フューチャリストのレイ・カーツワイルは、シンギュラリティは2045年前後に起こると予想しています。

遠いようで近い未来ですね。

 

– 我々の生活はどうなる?

シンギュラリティで消える仕事等の特集もちらほら見かけます。

例として、

・レジ打ち

・コールセンターのオペレーター

・銀行の融資担当者

等が挙げられている事が多いですが、これらはシンギュラリティが起こらなくても消える可能性は大いにあると思います。

むしろシンギュラリティが起こった後は仕事のあり方も変わってきて、人間は自分がやりたくないような仕事をやらなくてもいい世界になる可能性が大きいと思います。

 

– 実際何が起こるのか

では圧倒的な知性を手に入れた人工知能は何を人類にもたらすのか。

シンギュラリティに関する事で、確実なことは何も言えません。

なんせ人間の知能を超えてしまっているので、人知が及ばない現象を引き起こす可能性は大いにあるからです。

一部の人はAIが人間を排除しようとするだろうと言っていたり、一部の人は人間の脳をクラウドに繋げて不老不死が実現するだろうと言っていたりします。

さらに人間の脳をクラウドにつなげ、電気信号でシミュレーションの世界で暮らせる様になると、シミュレーション上の世界でコミュニケーションを取ることが出来るようになるという事を言っている人もいます。

そんな世界が実現すると、これまでの人間としての生活や思考の前提がガラッと変わることになるかもしれません。

シンギュラリティを題材にした映画も多くあり、マトリックスもその一つです。

 

今の生活からは全く想像のつかないSFの世界が30年後に迫っているというのは、夢物語ではないと思います。

 

ちなみに弊社でもコールセンターのオペレーターのサポートができるAIを開発しています。

こちらよりお問合せ下さい

ご質問等ございましたら、下記のコメント欄にお気軽に下さい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

月間 トップ15

人気AI記事ランキング

詳しくはこちら

よく一緒に読まれているAI記事

最新の人工知能アルゴリズムをSNSでお届けします

Leave a Reply

*