チャットボットをマーケティングに活用すべき理由とは?

デジタルマーケティングのイメージ

チャットボットはデジタルマーケティングの世界で最新のトレンドです。

単なるコンセプトや開発のプロジェクトと見なしている人も未だ多いですが、多くのビジネスはマーケティングキャンペーンの向上や顧客エンゲージメント推進の取り組みの中でチャットボットを既に活用しています。

チャットボットが急速に人気を得ている主な理由は、カスタマーサービスとエクスペリエンスを新しい形に変える大きな可能性にあります。

実際、チャットボットは機械学習と人工知能(AI)を通じて顧客行動と購買決定を分析できるように設計されており、顧客の期待とニーズに応えるための理想的なアセットです。

この機会を活用したいデジタルエージェンシーにとって、自社のチャットボットへの投資を考える時期でしょう。

以下はマーケティングエージェンシーがチャットボットを開発するべきいくつかの理由です。

1.チャットボットvsアプリ

携帯電話は今でもビジネスの世界で最も人気があるトレンドなので、多くの企業が自社の携帯アプリを開発しています。

特にオンラインユーザーは携帯電話でのネット閲覧を好むので、携帯アプリはビジネスを目立たせることができます。

しかし、アプリはユーザーの携帯電話にダウンロードして保存する必要があります。

一方チャットボットはメッセージアプリの中に存在しダウンロードする必要がありません。

代わりに消費者はメッセージアプリでボットとお喋りし、ブランドとやり取りする事が同時にできます。

加えてFacebookなどの企業のチャットボットAPI(アプリケーションプログラミングインターフェース)をマーケティングエージェンシーは使用できるので、チャットボット開発に多大な投資をする必要がありません。

ソースコード

2.有益なアセット

効果的で顧客が興味をもつ提案をするために、言うまでもなくマーケティングエージェンシーは顧客の頭の中を知る方法を探しています。

多くのデジタルエージェンシーはその取り組みをよりシームレスにするためにさまざまなツールを開発しています。

エージェンシーがチャットボット開発も考えるのは極めて論理的と言えるでしょう。

チャットボットは、消費者行動における重要な情報を入手できるだけでなく、カスタマーエンゲージメントを向上させるために大変有益なアセットだからです。

前述したようにチャットボットはAIと機械学習の能力を持ち、人の行動とコミュニケーションを模倣する手助けをする自然言語認識を使います。

その上、消費者側から見てもチャットボットと交流する事への興味は尽きる事がありません。

事実、2015年には14億人がチャットボットと交流しました。

チャットボットは消費者にサービスを提供すると同時にユーザーの嗜好、購買決定、ニーズ、期待などの情報を収集し分析のために企業に送信します。

ロボット

3.メッセージアプリと新しいマーケティングチャネル

メッセージアプリの人気は年々増しています。

Facebook messenger 、WhatsApp、その他のメッセージアプリのアクティブなユーザー数はソーシャルネットワークを上回ります。

さらに携帯電話ユーザーの79%が7つ以下のアプリに集中している一方で、他の携帯アプリの使用は減少しています。

顧客がいる場所にビジネスは到達しなければなりません。

チャットボットは主にメッセージアプリ内に存在するので、アプリ上でブランドと消費者間の有能な仲介役となります。

チャットボットを使ったメッセージアプリは、企業の大小に関わらず、ネット上の会社の存在と評判を維持しながらターゲット層に効果的に接触しサービスを提供します。

また、オンラインの消費者は他のチャネルよりもメッセージアプリでブランドとやり取りする事を好む傾向にあります。

とは言え消費者の45.8%は企業から接触されるとき、eメールよりもメッセージアプリを好み、消費者の49.5%は企業に連絡するとき電話よりもメッセージアプリを使う事を好みます。

4.利便性の向上

顧客満足度はビジネスの利便性によるところが大きく、もし顧客が迅速に返答を得る事ができなければビジネスから離れてしまうかもしれません。

これが消費者の51%がビジネスは24時間年中無休であるべきと考える理由です。

しかし、そのようなカスタマーサポートサービスの実現のために十分な人員を雇用できるビジネスは無いでしょう。 

一方、チャットボットはその様な利便性を提供できるコンピュータプログラムです。

途切れる事のないカスタマーサポートの他にも、AI搭載のチャットボットは殆どのマーケティングの過程を自動化できマーケティングファネルへの完璧な導入部となります。

しかも殆どの質問に返答でき、ユーザーの嗜好や要求に基づいたシームレスなエクスペリエンスを提供します。

チャットボットは私達のデジタルマーケティングの概念を変えるかもしれません。

マーケティングエージェンシーはカスタマーエクスペリエンスの向上と、よりパーソナライズされたプロモーションの導入のためにチャットボットの可能性を利用できます。

以上が、デジタルエージェンシーが自社のチャットボット開発を始めるべき理由です。

原文

https://chatbotslife.com/https-medium-com-should-marketing-agencies-develop-chatbots-29ccab6e3e15

チャットボットライフとの提携により、翻訳し掲載しています。
チャットボットライフとは、最新のボット、AI、NLP、ツール等を扱うメディアです。