海外で成功しているチャットボットの5つのタイプ 事例

主要なボットを5種類に分類し、実例を挙げ、その分野の将来性を明らかにします。

チャットボットは現在私たちの生活の一部になりつつあり、大部分の人が日常的に使う5つの大まかな分類のボットを取り上げていきます。

1. シンプルな用途のチャットボットとは?

TelegramやSlackのようなプラットホームでチャットボットに出くわすことは、よくあることです。

それらのボットは、天気を教えるといった様な、簡単に到達できるゴールを念頭に置いて設計されています。

例えば、個人的にお気に入りのVerloopチームはImageBotで、ユーザーに画像やGifを取ってくるボットです。

もし“ハッピーな犬”が必要であれば、笑顔の犬があなたのチャットを埋めてくれるでしょう。

また、DonutはSlack上のもう一つのクールなボットです。

Donutはお互いを知らない従業員同士がランダムなルーレットプログラムを通じて、一緒にコーヒーを飲むのを促します。

しかし、それらのシンプルさだまされてはいけません。

Azure’s Machine Learningの機能を見せるために、カンファレンスでMicrosoftのチームによって開発されたオリジナルの試作品であるProject Murphyがすぐ頭に浮かびます。

それは急速に広がり、ボットに年齢を推測させるために、9,000万人以上の人が彼ら自身の画像をアップロードしました。

Project Murphy はバージョン2.0の‘HowOld’ボットで「もしガンジーにヒゲがあったら?」、「もしベートーヴェンがロックスターだったら?」または、「もし私の見た目がモナリザみたいだったら?」というような質問に答えることができます。

2. 時間を節約してくれるボットとは?

全てのテクノロジーと同様に、UberからAirBnbまで、発展の本質的な目的は人生をより便利にすることです。

Uberはストレスフリーでタクシーを取得するプロセスを構築し、AirBnbはユーザーがより安い宿泊先を見つけるのを助けます。

そしてSupotifyはストリーミングで音楽業界に大改革をもたらしました。

FAQのような反復的な作業や、2ステップ以上の既存のUIを使用している顧客サービス、あるいはオンラインショッピングにおいて、チャットボットは成果をあげます。

ボットは特定のプロセスの工程を削減するように設計され、この“簡易さ”に焦点を当てたものがここに該当します。

例えば、ショッピングで「ピンクのランニングシューズ」のようなシンプルな要求は、検索フィルターを埋めなくてはいけない様な、面倒なプロセスとは対照的に、あっという間に実行できます。

チャットボット・ベースのサポートではユーザーは検索しているものを無意味なノイズなしで、直接的に得ることができます。

数年以上前、私たちはヒット、クリック、電子メール、ダイヤルなどの考えうるすべてのメトリクスの追跡と測定にとりつかれていました。

A/B テスト、コールドコール、リターゲティング、一斉配信メール、ロボコール、マーケティング・クオリファイドリード(MQLs)そしてセールス・クオリファイドリード(SQLs)のようなものに焦点を合わせ、私たちは本当に重要なことを見失っていました。

マーケティングとセールスは変化が必要であり、より経験豊かで、より便利に、より会話的で、より人間的なものにする必要があります。

私たちは顧客を電子メール、電話、通知、テキストの一斉配信、壊れたリンクそしてサインアップフォームで溺れさせてしまっています。

Verloopは数百の企業向けにボットを提供しています。

ApolloMunichは私たちのクライアントの一つで、その1/3以上の取引がVerloop Botから指令されたものです。

Livpureを用いて、私たちはオンラインの訪問者からのリードで20倍の結果を出すことが出来ました。

3. トラブルシューティング・ボットとは?

テクノロジーの世界に限らず、私たちが好きな人物の一人がJoshua Browderです。

もしかしたらあなたは彼の名前を聞いたことはないかもしれませんが、Joshuaは今では悪名高いDoNotPayボットの創設者です。

当時18歳の彼は、すでに自動車の運転を行っており、多くの駐車違反切符をもらっていました。

最初のトラブルシューティング・ボットの開発した際、駐車違反切符が不当に高齢者と障害者をターゲットにしているという認識を彼は抱いていました。

それが“当たり前”のプロセスであると主張されてきたこと気づいた後、‘DoNotPay’と呼ばれるチャットボットを開発しました。

それを発表して以来、そのサイトは175,000人以上のユーザーが利用して負います。

またそれは、UKとNew Yorkのドライバーに対し、推定500万ドルも削減しました。

彼はそこで止まらなかったのです。

彼は全てを賭け、一か八かの賭けに出て、そして勝ったのです。

トラブルシューティングの精神の下、Browderはアメリカの50の州とイギリスにまで及ぶ、法的な文書を記入する手助けをする1,000もの法律ボットを作り出しました。

その後、彼はEquifaxの訴訟を手助けするボットを作り、アメリカとカナダで難民が避難所を探すのを助けるボットも作成しています。

しかし、私が本当に好きなところは以下です。

DoNotPayがベンチャー資金調達を受け、収益化を考えることは当然であるように思えますが、BrowderはVCによるファイナンスを延期させており、彼の創作物は依然として無料であると主張しています。

Independentのインタビュー記事

そして、以下もこのカテゴリーに分類されるボットになっています。

MSSG Voting Botは最寄りの投票所を簡単に探す手助けを、Ghostbotはピンとこないしつこい男を追い払うことに役立ち、Bloodlinkは献血で人々を支援するのを助けるものです。

4. 雑談 チャットボットとは?

以下の記事で、自然言語理解の改善によって私たちは信じられないほど魅了なヒューマン・ボットまで後一歩のところまできていると主張しました。

NLP、NLU、NLGとは?(自然言語処理、自然言語理解、自然言語生成)

しかし、私は間違っていました、私たちはすでにそこにいるのです。

マーケットには多くのチャットボットが存在しており、ボットは何よりもチューリングテストを合格したいと思っています。

しかし、それよりはるかに多くのことを行うボットが存在しています。

Woebotは変化の最初の例です。

科学者によって作成され、スタンフォード大学のランダム化比較試験でテストされたWoebotはあなたの気分をモニターし、あなた自身について学習するのを手助けする自動化された会話型エージェント(チャットボット)で、簡単に言うとセラピストです。

研究によると、Woebotを使用することで情報のみの対照群と比較して18歳から28歳の人は不安やうつ症状の大幅な減少につながったとしています。

参加者の85%が毎日もしくは日常的にWoebotを使用しました。

その論文はこちらで読むことができます。

なぜそれの影響力が大きいかを理解するために、次の点にが重要です。

治療は難しいということ。

セラピストは厳しい訓練を受けており、彼らの仕事は非常にインタラクティブです。

ライセンスを取得し個人で業務を行えるようになるために数千時間の訓練を行います。

その他にも、Karimと呼ばれるアプリはシリアの難民の子供のカウンセリグを行います。

Emmaは不安を抱えているオランダ語を話す人たちを助け、MindBloomではユーザー同士でサポートし動機付けをおこなうことができます。

そして、もしあなたがGoogleで“smartest chatbot”を検索すると、Mitsukuを得るでしょう。

MitsukuはSteve Worswickによって開発され、賞を受賞したチャットボットです。

それは、最も“人間らしい”チャットボットに送られるLoebner Prizeを3度も受賞しています。(2013年、2016年、2017年)

Mitsuku は1995年から2002年の間にAIML(Artificial Intelligence Markup Language)とRichard Wallaceによって開発されたXMLそして、世界中のフリーソフトウェア・コミュニティから作られています。

AIMLは“A.L.I.C.E..” (“Artificial Linguistic Internet Computer Entity”)と呼ばれる拡張されたElizaの基盤を作っており、もう一つの驚異的なopen ended botであり、年に一度開催される人工知能のLoebner Prize Competitionで3度も勝利しています。

また、2004年のChatterbox Challenge Championも勝利しています。

それら全ての功績は、ボットの持つ信じられないほどの機械学習機能によるものです。

また、もっとも人気のあるものは、the rise and downfall of Tay.でしょう。

5. バーチャル・アシスタント・ボットとは?

SiriやCortana、Google AssistantsそしてAlexa等が、これに該当します。

アメリカではAppleのSiri(34%)、Google Assistant (19%)、Amazon Alexa (6%)、Amazon Alexa (6%)など、とくにモバイル・プラットフォームで幅広く使用されています。

AppleとGoogleは、スマートフォン上に大きなインストールベースを持っています。

バーチャル・アシスタントは十分に定評があります。

それらは非常にスマートで、いつでも様々なサービスを提供し、収益化の準備は整っています。

それをリードしているのはAmazonです。

Amazonの創業者 兼 CEOのJeff Bezosは、同社のAlexa製品の増加が、同社が成長し続ける鍵であると言っています。

「Alexaの業績は予想を遥かに上回るものでした。

この規模のいい意味での驚きは滅多に見られるものではありません。

それは更なる利益を上げる事が予測されます。」と彼は言っています。

また、「パートナー企業や開発者がAlexaの導入を促進するという重要なポイントにたどり着きました。

現在、外部の開発者から得た30,000以上のスキルが存在し、顧客は1,200ものブランドから4,000以上のスマートホーム・デバイスを操作することができます。」

Amazonによると、同社のFire TV Stickストリーミング・デバイスと併せて、Alexa対応のEcho Dotは2017年のAmazonの全製品でベストセラー製品となりました。

原文

https://chatbotslife.com/bot-maker-five-types-of-chatbots-b345ea20fe7c

チャットボットライフとの提携により、翻訳し掲載しています。
チャットボットライフとは、最新のボット、AI、NLP、ツール等を扱うメディアです。