カタカナのスペルノイズチェッカー実装 研修講座

講座概要

日本語において、特にカタカナは表記揺れ等、スペルノイズが生じやくなっています。

本研修ではカタカナのスペルノイズをルールベースで検知するチェッカーを実装頂きます。

他社の研修との比較と、私共の3つの特徴に関してはこちら

前提スキル

・Pythonのプログラミング経験2年以上(必須)

・NLP(自然言語処理)の基礎を理解している事(任意)

獲得スキル

・形態素解析等、NLPの基礎技術の習得

・レーベンシュタイン距離等、文字列の距離計算方法の体得

研修カリキュラム 概要

4時間の研修になります。

  • 座学を通じたスペルチェッカーの基礎習得
  • 形態素解析等、NLP技術のテクニックの解説と習得
  • レーベンシュタイン距離計算アルゴリズムの体得
  • 上記技術を駆使した日本語のカタカナ表記ゆれチェッカーの実装

AI研修を受講されたお客様の声・感想

AI導入事例

オージス総研

詳しくはこちら

研修料金

3.5万円/人(税抜)
(PCはお客様でご用意頂いております。)

全額返金保証

もし、ご満足頂けない場合、その旨をご連絡頂ければ全額ご返金致します。

研修に関してのご質問、お申し込みはこちら

お電話、または下記フォームからご連絡下さい。

お電話

03-4405-4347 (平日 9:00 – 17:30)

フォーム