アンケートデータの分析と商品開発への応用サービス

ビールの分析例

1. 背景

新商品の開発においては消費者の潜在的な需要(人間の深層心理)を探ることが重要となる。

自由記入による消費者の声をデータとして、ビールの味わいを定量化する。

ビールの味わい(感性)を共通の特徴量で表現できれば、新製品のポジショニングに活用できる可能性がある。

分析の結果に基づいて、店舗などでの新しいテストマーケティングに活用できる特徴量とその効率的なデータ収集方法について考察し、また競合製品の調査設計へ応用する。

2. 目的

2-1. 各商品の印象語とその頻度を抽出

アンケートデータを対象として、商品に対する意見をテキストマイニングし、ビールの印象語(※)とその頻度を抽出する。

※印象語:すっきり、まろやか、クリアさ、コク、クラフトさ、香り、刺激等の味わいを表現した言葉

2-2. 各商品の共通点や類似性を可視化

ビールの受容性に寄与する共通の印象語、顧客属性(年代、性別)を特定し、味わいを基準とした各ビールの共通点や類似性を可視化する。

3. 分析アウトプットイメージ

3-1. 受容性に寄与する印象語の抽出

  • 女性 20代ならば、クリアさを重視
  • 男性 30代ならば、クラフトさ、香りを重視
  • 男性 40代以降ならば、刺激を重視

3-2. 各商品と印象語のマッピング

競合他社製品に関してもアンケートを取り、マップ上のブルーオーシャンの可視化等を試みる。

ポジショニング・マップ

無料相談・お問合せ

お電話、または下記フォームからお気軽にお問合せ下さい。

お電話

03-4405-4347 (平日 9:00 – 17:30)

フォーム

よくあるご質問はこちら


プライバシーマーク